Job offer

探すポイント

良い貸事務所の探し方のポイント

貸事務所を探すには、ただコストだけを重視するのではなく、来客者へのイメージアップや社員のモチベーションアップなど様々な観点を考えて選ぶことが大切と言われています。まず1番に考えたいのは、立地条件です。特に来客が多い会社は、駅や目標になるものからわかりやすい場所にある貸事務所が良いとされています。また、毎日オフィスに通うことを考えて、最寄りの駅から貸事務所まで歩いてみること、さらに周辺に銀行や郵便局、駐車場、コンビニや飲食店があるのかを確認することも大切です。意外と大切なのが、電気容量と電話回線の確認です。現代のオフィスはパソコンなど非常に電気を使うものが多く、やや古い貸事務所の場合コンセントの数や容量が足りないといったケースが多々あるとされています。もし少ない場合は増設できるのか、その場合は費用負担はどうなるのかといったことをきちんと確認することが必要です。

物件探しに良い時期とは

貸事務所を探す時に、意外な盲点とされているのが借りる時期です。これは一般の賃貸住宅でも同様ですが、転勤や新規開店など集中しやすい繁忙期とその逆の閑散期があるとされています。したがって、繁忙期は需要が高いことから物件の数は少なく賃料もやや高めとなり、逆に閑散期は物件数が揃っている上賃料の交渉もしやすくなるのです。そこで、できるだけ良い条件でおトクに貸事務所を借りたい時には、この閑散期を狙うと良いと言われています。ちなみに、新規開店や事務所移転のピークは3月ということから、それを目指して秋から動き始め、山場の1月から3月が繁忙期となります。逆に、晩春の5月後半から真夏の8月は動きが少なく物件の数が多い閑散期です。